FC2ブログ
topimage

2020-06

DIYで作業小屋♪モルタルの塗り壁・続きと補修 - 2020.04.24 Fri

こんばんは。

今日は、モルタル塗りの続きと補修の上塗りの事を。

3月19日、2日目。

目覚めた瞬間、作業を躊躇するぐらいの筋肉痛。
パパさんに「それでも少し動かした方がいい」と言われ、「確かに。」と思い、気合いが入る。
始めてみると、痛いよりも、楽しいの方が大きい。
前日に編み出した方法で、順調に塗り塗り。
窓周辺に塗り付けるのがちょっと大変。

s-IMG_6176.jpg

自然と生えてきたシマトネリコ。
いずれ移植させるかもだけど、可愛いからしばらくはこのままで。
シマトネリコをよけながら塗るのって、かなり大変~。

s-IMG_6178.jpg

朝から8時間塗り続けて、この日の目標だったドアの上部まで到達!

s-IMG_6182.jpg

コツを掴んで、綺麗に塗れた!!


3月20日、3日目。

この日は、ドアの右部分から開始。

s-IMG_6186.jpg

s-IMG_6183.jpg

コーナ部分は、ゴム手袋で直接、モルタルをラス網に埋め込み、整える。
エアコンの配線部分に時間が掛かり、最後まで塗るという目標達成ならず。

2日目同様、8時間塗り塗り。
この2日間の昼食は、娘が握ってくれたおにぎりを、デッキや小屋の中で少しずつパクつく。
人が握ってくれたおにぎりって、なんでこんなに美味しいのかな。

3月21日、4日目。

残りの部分の塗装。
でも、前日塗ったところと、段差が発生・・・
段差ができないようにと塗ったつもりだけど、全然上手くいかず。
これは結構目立つなぁ(^^;)
補修しなくちゃなぁ。

s-IMG_6188.jpg

s-IMG_6191.jpg


1ヶ月後の4月21日、再び始動。

最初に塗った部分と、段差を埋めるため、まず、モルタル接着強化材を塗布。
コーナー部分にも念のため。

s-IMG_6371 (2)

モルタルを上塗りする時には必要なもの。
これがないと、なかなかくっつきません。

ローラーの方が断然楽なんだろうけど、このご時世、買いに行くのも躊躇しちゃう。
ハケで地道に2度塗り。

強度が心配だった最初に塗った部分は、案の定、1ヶ月の間に一部分モルタルが欠けて、ラス網が見える状態に。
特に重点的に塗布。
塗ったところは、黄色くなるって書いてあったけど、思ったよりならなかったな。

4月22日、上塗り補修。

上塗りする時は、セメント多めの配合が良いとのことで、それでやってみる事に。
モルタル接着強化材の影響もあるのか、固まるのが早い。
薄塗りって事もあって、大きめの砂がひっかかって、小さな穴がいくつも発生。
なかなか綺麗に塗れず、大苦戦。
段差は埋められたものの、新たな段差が生まれそうだし・・・

そんな時、目に飛び込んできたのがハケ。
新たに塗った部分をなだらかにするには、適任では?
大きめのハケでやってみる。
おぉ!これは使える!!
小さな穴も埋められて、凸凹だったのが嘘のよう。
ひとり、感動!!!

s-IMG_6395.jpg

s-IMG_6396.jpg

乾燥後。
今日24日現在の状態。

s-IMG_6398.jpg

最初に塗ったこっち ↓の面 も、無事平らに!
強度もUP↗↗↗
テンションもUP↗↗↗
余ったモルタルで、コーナー部分もついでに補強。
モルタル接着強化材の威力はすばらしい~。

s-IMG_6388.jpg

これにて、モルタル塗りは終了!
3週間後に、シーラー、ペンキ塗りの予定です。

それにしても、モルタル塗りは、やっぱり大変でした~。

コテ板から手を離した瞬間、手に痛みが。
でも、コテ板を持つと、不思議と和らいで。
練っては塗っての繰り返し。

1日が終わると、もうクタクタ。
できるなら一歩も動きたくない、
包丁もスマホも持ちたくない状態で。
もちろん夕食は、手抜き。
(一昨日22日は、宅配ピザでした。)

体はきつかったけど、
ラジオや音楽を聴きながら黙々と塗る作業は、とても楽しいものです。
進行状況がはっきりわかるのが、また良いです!
また塗りた~い!
攪拌機も買った事だし、今度は、玄関横の外構工事に使おうかな♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ 応援のクリックをお願いします(o‘∀‘o)*:◦♪ ↑

ゆるくInstagramも楽しんでいます。
→ 私*ever green*の ←
→ Instagram ←


こちらのフォローもお願いします。
→ 妹chiyo*chocoの ←
→ Instagram ←


こちらは、妹のchiyo*chocoが主な担当ですが、
↓ インスタの連携を始め、
Natural Flower総合案内ページになっています。 ↓
イベント告知やイベントレポは、こちらの方が早いことが多いです。
ログインしなくても、見られるはずですよ。
→ 姉妹ユニットNatural Flower ←
→ Facebookページ
 ←


DIYで作業小屋♪モルタルの塗り壁・初日 - 2020.04.23 Thu

こんにちは。

今日は、モルタル塗りの事を。

先月3月18日~21日の4日間と、
その補修として4月21・22日(昨日)の2日間、施工しました。

今日は、3月18日の初日にスポットを当てて、綴っていきますね。

モルタルを練るのが重労働な事は、立水栓作り(ブログには載せていない)とか小屋の基礎作りの時に嫌という程わかっていたので、新たに攪拌機を買いました。
いずれ購入するだろうと思い始めて、6年。
決して、安い買い物ではありません。
せめて去年の増税前に買っておくんだったなぁ。

s-B42DF77B-C66C-440C-93E1-071922CA4286.jpg

RYOBI(リョービ)のパワーミキサー低速型 PM311 です。

コテ板は、端材で作製。
持ち手は、握りやすいようにしました。

s-689C3AE6-BF53-4DEE-BC76-09BD65BB4C35.jpg

バケツは、ロープ持ち手付の大きい物を購入。
農業資材コーナーで見つけました。

ステンレスコテも3種類購入。
(後になって、立水栓を作った時に使った物が出てきた(^^;))

2014年の着工当時に6袋購入した「ティエスサンド」は、発泡ポリスチレンの細かい粉砕粒を骨材とした左官材料。
イメージとしては、発泡スチロールを超細かくしたものです。

これを使えば、モルタルの軽量化を図れると思って当時購入したのですが、あれれ?
裏書きによれば、セメント(25kg)1袋に対してこれを1袋。
空練の後、ティエスエマルジョン200gと水11Lで練るらしい。
・・・!
通常のモルタルの配合は、セメント1:砂3 。
じゃあ、砂は要らないってこと?
てっきり、ティエスサンドは、モルタルに混ぜ込む為の物だと・・・
・・・砂12袋の山を隣にして、気づいてしまった・・・

6年前は、ちゃんとそこのところ理解していたのかな?自分。
規定通りの配合で6畳分塗るには、ティエスサンドはあと何袋必要なんだって話もあるし。
(・・・ちなみに、ティエスサンドは1袋約800円、セメントは約350円します。)

考えている時間も惜しいので、ここは、予定通り?配合でモルタルを作ります。
ティエスサンドは、弾力性にも優れ、亀裂防止効果があるそう。
ならば入れてしまおうという訳です。
配合は、セメント1.5:砂3:ティエスサンド1 ぐらいで。
(2回目の練りぐらいまでは、セメントが1ぐらいだった)

ここで、攪拌機の出番。
初めてでドキドキ。
空練してから、水を入れてっと。

攪拌機の本体の重さ2.7kg。
攪拌機にしては軽い方。
女の私でも持てます。
ただ、本練りとなると、もの凄い付加が。
踏ん張って、しっかり握っていないといけません。
気を抜くと、超重たいバケツが回り始めます。
砂1袋分ずつの練りだから、上下にも動かして。
腰にも腕にも相当きます。
でも、手で練るより、何倍も何十倍も楽ですよ!!

練り上がったモルタルを、いよいよ塗っていきます。

なんせ初めての壁塗り。
落ちるモルタルの多い事。
それでも懸命に、ラス網に押し込むように塗りつけていきます。
厚みは1cmで。

s-29177575-3F7A-4FE2-9C5F-0BEDA36FAD29.jpg

s-A826AD10-D633-4477-AA83-E59E88D19ACB.jpg

s-CCDD7FEF-AA19-4AB0-9896-BD31C91C2C7A.jpg

s-81DA3100-AF1C-4EF3-9CEB-C5D836E1D3A7.jpg

1回目に練ったモルタルが少なくなってきた時に気づく。
バケツに入れる順番を間違えたなと。

この攪拌機の作りの問題で、混ぜられない部分が発生。
セメント、砂、ティエスサンドの順に入れたもんだから、
底にくっついたセメントが結構あって。

ということは、最初の方に塗ったモルタルは、セメントが少ないという事。
だから乾きやすい訳だ。

2回目以降は、まんべんなく混ざるように、全ての材料を何回かに分けて投入。
こうすると、混ぜやすくなる上、ティエスサンドの粉も余り舞わずに済みます。
底の方も、攪拌機を斜めにしたりして、念入りに。

放心状態なお昼休憩を挟み、また塗っていきます。

午前中塗ったところと重なる部分には、水を拭きかけました。

s-7E5AC65E-044A-4C74-8A85-6893D15A1B04.jpg

初日は、ここまで!
初めてにしては、まぁまぁかな。
(最初に塗った部分は、強度が不十分で、4月21・22日に補修することになります。)

↓ 初日に学んだこと ↓

左官職人は、コテ板からコテにモルタルをのせて塗っていますよね?
私も挑戦したけど、コツを掴まないと難しいです。
(3日目で少し出来たぐらい)
そもそも、コテはツルツル。
普通にすくったところで、壁に塗り付ける段階でほぼほぼ落ちる。
じゃあ、モルタルをどう壁に塗ろう?

私の答え。
『コテ板を、壁にピッチリとくっつけた状態で、塗り付ける!』

こうすることで、壁にくっつかずに落ちるモルタルを減らせる上、効率良く塗ることができます。
素人には、素人なりのやり方でやるのがベストなようです。

モルタルの塗り壁施工は、次の記事へ続きます。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ゆるくInstagramを楽しんでいます。
→ 私*ever green*の ←
→ Instagram ←


こちらのフォローもお願いします。
→ 妹chiyo*chocoの ←
→ Instagram ←


こちらは、妹のchiyo*chocoが主な担当ですが、
↓ インスタの連携を始め、
Natural Flower総合案内ページになっています。 ↓
イベント告知やイベントレポは、こちらの方が早いことが多いです。
ログインしなくても、見られるはずですよ。
→ 姉妹ユニットNatural Flower ←
→ Facebookページ
 ←


DIYで作業小屋♪ラス網 - 2020.04.21 Tue

こんばんは。
今日は、2週間ぶりぐらいに木工作業しました。
内容的には、オーダー製作です。
小屋作りも少し進めました。
やっぱり楽しいな。

小屋作り、今日はいよいよ外装に入ります!

施工は、今年の3月中旬です。
やっと追いついてきました。

外装は、モルタルの塗り壁仕上げにします。
手順は、透湿防水シートの上に、ラス網、モルタル、塗料となります。
(2014年の着工当時、ラスカットを買う勇気がなかった)

まず、ボロボロ部分の透湿防水シートを貼り替えを。

行きつけのホームセンターでは1cm単位で購入できるのですが、かなりの割高。
だいぶ余るけどトータル的に考えると、こっちの方が割安。
渋々丸々1本購入しました。
こうして、資材は溜まっていく~。
(少し前に売り場配置が大幅変更したもんだから、探すのに一苦労しました。)

買ってきた透湿防水シートを4~6mにカットして、息子の手を借りて、ガンタッカーと普通のタッカーで打ち留めていきます。

参考本によると、窓枠周辺のシート固定は、両面の防水テープで固定した方が良いとの事。
なので購入したのですが、やっぱり遅すぎた・・・。

次に、ファイバーテープ。

s-3145107C-03F3-464A-9162-E01E08AF217A.jpg

某ホームセンターの方が安かったぁ・・・

モルタルを塗った時のひび割れ防止になるそう。
窓枠周辺や気になるところに張っていきます。

場所によっては、ラス網が先になっちゃった部分もあります。
でもラス網にはくっつかないので、このタイミングが正解です。

次に、ラス網貼り。
縦張りでも横張りでもどちらでも良さそうなので、場所に合わせて打ち留めていきます。
カットは、新しく買った金切り鋏で。
コーナーは、2重に。
重ねは、10cm以上になるように。

s-IMG_6143.jpg

s-E21EE82B-4DA8-4043-92F4-58A7F7F89293.jpg

s-98BC7C97-8135-4108-9862-58BF3435F5B5.jpg

ひたすら打ち留めていきます。
窓枠周辺や端などは、普通のタッカーで丁寧に細かく
もう、タッカーの芯、何箱消費したことか。
1箱1000本なんて、あっという間。
1箱2000本のものに途中からしても、あっという間。
この数日間で、20,000本ぐらいは打ったんじゃないかな。
腕だけじゃなくて、指も筋肉痛になるくらいでしたからね。

s-FFBB8D68-734D-4F08-84E4-7EAEF48AA064.jpg

そんな時でも、パパさんの誕生日となれば、ケーキはちゃんと作ります。
デコレーション、手抜きですが(笑)


もう一つ。
ラス網は危険です。
気をつけていても、いつの間にか手が傷だらけになります。
軍手は必須ですよ!
でも、タッカーを使う時は、軍手してると使いづらいんだよなぁ。

このラス網ちゃんも、2014年の増税前に購入したもの(笑)
保管していた場所が、やっとスッキリしました!
2・3枚余ったけど、足りないよりかはいいかな。

次に、小屋の周囲の下の部分に、「下っ端」を付けます。
確か、そんな商品名だった気がします。

s-IMG_6157.jpg

これは、この後に塗るモルタルのストッパーの役割をします。
モルタルは10mm厚にする予定なので、「下っ端」も10mmのものを買いました。
(塗る時にわかるのですが、塗る厚みの目安にもなります。)
カットはハサミで、取り付けはタッカーで。
タッカー芯の足の長さがそんなにないので、数で勝負。
たくさん打っておきました。

養生テープも貼って、っと。
(マステの方が良かったかも?)

s-IMG_6155.jpg

やったぁ~!
これでモルタル塗りに入れる!!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ゆるくInstagramを楽しんでいます。
→ 私*ever green*の ←
→ Instagram ←


こちらのフォローもお願いします。
→ 妹chiyo*chocoの ←
→ Instagram ←


こちらは、妹のchiyo*chocoが主な担当ですが、
↓ インスタの連携を始め、
Natural Flower総合案内ページになっています。 ↓
イベント告知やイベントレポは、こちらの方が早いことが多いです。
ログインしなくても、見られるはずですよ。
→ 姉妹ユニットNatural Flower ←
→ Facebookページ
 ←

DIYで作業小屋♪引き違い窓&突き出し窓 - 2020.04.20 Mon

こんにちは。
DIYで作業小屋シリーズ、
今日は、引き違い窓と突き出し窓です!

こちらも、製作は2019年3月下旬です。

窓って言っても、種類は色々。
どうせ作るなら、3カ所とも違う種類の窓にチャレンジしたくなるのが、DIYerというもの。
というより、頭の中にあったのが、たまたまこの3種類だっただけなんですが。

s-0DD15EB5-95D1-4BCF-9995-52FB6E85A701 - コピー

s-37C4A9EE-0CAE-468D-8FDF-88A453029D67.jpg

この部分を、引き違い窓にします。

引き違い窓の作りは、上げ下げ窓を横にしたようなもの。
桟が長く多くなるくらい。
ただ、8枚ずつはめ込む為の、トリマー加工、組み立てがちょっと大変でした。
こんな細かい事をしなければ、決して難しくはないです。

アクリル板を、試しにはめ込んでいるところ。

s-D813F426-9BE1-4EE0-84A7-339B1444949F.jpg

ここで、気づく。
はめ込む用のアクリル板(かすみ)が足りない事に。
なんか勘違いしてたや・・・
新しいアクリル板を買うお金も、買いに行く時間も惜しい。
小屋や物置の中を物色しながら考える。

で、閃いた!
別に同じじゃなくてもいいじゃん!
そして、こうなりました。

s-4A9F749F-F8CF-49CE-8A71-A679A796700E - コピー

s-E2F76552-6305-4E18-BCD6-5937D531C61A.jpg

s-81ACDB49-5FDD-4C74-BF39-BA47E315D358.jpg

アクリル板(かすみ)8枚、
ポリカボネート4枚、
塩ビ板4枚を、思うがままに配置してみましたよ。

ちょっと大正時代の建具を連想させるような、おしゃれな窓に仕上がりました!

災い転じて福となす。
ちょっと言い過ぎかもしれませんが、そんなところです。

s-6B2E22E9-14B7-4672-A851-42F5986A3933 - コピー

s-007E11D0-53AE-4387-A239-38D7C3D155CA.jpg

それにしても、窓の汚れが目立ちますね・・・
私の相棒・スライド丸鋸のレボリューションくんの定位置なので、掃除してもすぐ粉まみれになります・・・
これらの写真達は、時間がなかったり、妹へのLINEや自分の記録用にと思って撮ってるものが多いので、お許しを。
(作っている時は一生懸命過ぎて、ブログの事を忘れてることも多々あり)

次は、突き出し窓。

s-E6084EE2-3811-4B94-82EC-4E16B096449D.jpg

s-8A4DC2D9-F872-40D6-A9DA-80542AA685FE.jpg

うぅ、写真少なすぎる~(T0T)

この窓は、上に向かって突き出すタイプ。
普通の丁番を窓枠の上部に取り付けて。
それだけだとブラブラ状態なので、内側にマグネットキャッチを付けました。
取っ手は、必要性を感じた時につければいいかな。
今のところ。外から開閉することはないし。
何より、デザインに悩みます。

ちなみに、この窓、
スライド丸鋸でいつもより長い材を切る時に開けます。
たま~にしかありませんが。
この位置にした1番の理由です。

小屋の中からは、リビングの様子を伺えて便利なんですよ。
製作しながら、「おっ、宿題しなくちゃなのにゲームしてるな!」とかわかる訳です。

これにて、建具は終了!
どれもアクリル板ありきで設計したので、それが一番大変でした。
上げ下げ窓は、作り方が1度わかってしまうと、作っていて楽しいですよ。

各所、戸当りやコーキングをしないとな~と思って、この建具製作より1年経過。
音漏れも気になるし、そろそろやらなければ。

小屋作りシリーズ、次からは、いよいよ今年3月の外装 編に突入します!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ゆるくInstagramを楽しんでいます。
→ 私*ever green*の ←
→ Instagram ←


こちらのフォローもお願いします。
→ 妹chiyo*chocoの ←
→ Instagram ←


こちらは、妹のchiyo*chocoが主な担当ですが、
↓ インスタの連携を始め、
Natural Flower総合案内ページになっています。 ↓
イベント告知やイベントレポは、こちらの方が早いことが多いです。
ログインしなくても、見られるはずですよ。
→ 姉妹ユニットNatural Flower ←
→ Facebookページ
 ←


DIYで作業小屋♪上げ下げ窓 - 2020.04.19 Sun

こんにちは。

昨日はすごい雨でしたね。
日中にあの降水量だと、いつもなら必ずと言っていい程、小屋で音出しするんですが、
足の調子がまだ万全ではなので控えました。
原因は、下肢静脈瘤かなと。
だから先週までの不調も、同じ原因かと。
その後も家族みんな元気ですし。
弾圧ソックスを履いたらだいぶ楽になって、スイスイ動けてます。
気軽に受診できる状況じゃないし、今はこのソックス頼みです。
家の中でも、適度に動かなくちゃ。
明日ぐらいからは、小屋時間過ごしたいな~。

さて、今日は、上げ下げ窓の事を。

ずーっと憧れだったんです。上げ下げ窓!
小屋を建てた頃から、何度頭の中でイメージを膨らませてきたことか。
でも、なんだか難しそう。
結構手間もかかりそうだし。
一度は諦めようともしましたが、せっかく作るなら後悔したくない!
考え抜いてから、取り組みました。

s-64A3A85F-5119-4729-B888-3DCAE98ED3EC.jpg

s-7D6F6AFF-4C34-4579-B736-3E8416E426D5.jpg

窓部分の透湿防水シートをくり抜いたら、テンション上がってきましたー!

針葉樹合板(OSB)と躯体の2×4は、面一(ツライチ)になっていないところがあったので、トリマーで綺麗に処理。
トリマーが入らないところは、ハンドサンダーで。

s-A5689E1E-D93B-46D1-BFED-2576E3CFBF01.jpg

s-9C6D44F5-36D8-43BB-9516-CB3D2EF76464.jpg

窓枠もこだわって、モールディング。

上の窓は、固定式。
打ち止める為の材を付けているところ。↓

s-B5AAB372-8F14-4812-A2E4-87E2CBBC8AB3.jpg

下の窓はスライドさせるので、上の窓よりも少し幅を狭めて作製。
その両サイドに、桟が余裕で入るだけの溝をトリマーで掘ります。
その溝に桟をセットした状態で、窓枠にはめ込んで、桟だけ固定。
あぁ、いつも肝心なところの写真がない・・・。

s-DE3ED697-9867-41E8-A35E-68CB52AD15A4.jpg

s-81BC87F8-6E27-4CB1-AB54-566963D1E09A.jpg

無事、スルスルッと上げ下げできます!
感動~。

ただ、いわゆるギロチン状態。
本来、金具をつけるんですが、まぁ、度々開ける訳でもないので。
いつも、その時に目に入った端材をストッパーにしてます。

s-C0D12D7D-C0E0-4B7B-A697-752DA43B1645.jpg


あと2カ所、同じ要領で作っていきます。
2~3mmぐらい誤差が生じたところは、削ったりしながら。

s-A102E726-2DB7-4B1F-BE24-E70044118D3D.jpg

s-F7F3B7AB-2B1B-449A-B383-26405F7A4BA0.jpg

やったぁ~!出来たぁ~!
ものすごい達成感!!!

アクリル板は、透明のものではなく、「かすみ」を使用。
大きい1枚を、プラ用クラフトソーで24枚にカットしました!

こういう特殊加工されたアクリル板は、通常のより更に高価。
だけどこれは、小屋を建てる数年前に、ホームセンターの端材コーナーで破格で見つけたもの。
あの時買っておいて良かったぁ!!

小屋を建ててからドアを作るまでの5年間、雨の日や寒い日のドア代わりとして使っていた「かすみ」ちゃん。
なんて働きものなんでしょう!

今日は、ここまで!
お次は、引き違い窓と、突き出し窓の紹介です♪


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ゆるくInstagramを楽しんでいます。
→ 私*ever green*の ←
→ Instagram ←


こちらのフォローもお願いします。
→ 妹chiyo*chocoの ←
→ Instagram ←


こちらは、妹のchiyo*chocoが主な担当ですが、
↓ インスタの連携を始め、
Natural Flower総合案内ページになっています。 ↓
イベント告知やイベントレポは、こちらの方が早いことが多いです。
ログインしなくても、見られるはずですよ。
→ 姉妹ユニットNatural Flower ←
→ Facebookページ
 ←

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

*ever green*

Author:*ever green*
姉妹ユニット『Natural Flower』木工担当 *ever green* です。
高1の長男と小6の長女の母業の傍ら、自分で建てた小屋で手を動かしています。
木工やイベントのことはもちろん、小屋作りのこと、子育てのことなど、日々のことも綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (19)
オーダーについて (4)
作ったもの (132)
作ったもの(ままごとキッチン) (14)
イベント (154)
お出かけ (48)
日々のこと (72)
未分類 (9)
小屋作り (32)
製作日記 (55)
工具のこと (4)
取材・掲載本 (5)
お客様写真館 (16)
DIY (6)

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ♪ (イベント前は、お返事にお時間を頂戴します)

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログ村